Skip to content

青汁ダイエットの効果について

青汁を飲んでダイエットするという方は多いですが、効果が直ぐに現れる事はありません。
けれど健康を重視したダイエットを行いたい方は青汁をお勧めします。
そこで、青汁がダイエットに効果的な理由を解説していきたいと思います。

青汁ダイエットってどんなもの?

極の青汁 口コミはダイエットにも効果がある事を皆さんはご存じですか?
この方法は無理に食事制限などをせずに、健康にダイエットをしようという方法で、青汁に含まれている栄養素の1つである食物繊維と酵素を多く含んでいるので、ダイエットに効果的なのです。
青汁の成分は、ケール・明日葉・ゴーヤ・大麦若葉などの緑野菜で作られていて、緑野菜には食物繊維・酵素・ミネラル・カリウム・ビタミン豊富です。
これらの成分が便秘・むくみ解消に効果がある事は当然なのです。
近頃は、様々なメーカーが青汁を販売していますが、携帯タイプのものから、1回パックの個包装のものと、私達現代人に合わせた商品が沢山出ています。

ダイエット方法について

青汁でダイエットって具体的にはどうすればいいのか?
何も難しい事なんてありません!1日1回飲むだけで良いんです。
ちょっと空腹を感じた時や、食事前に飲む、職場で休憩中に・・・と飲むタイミングは自分の好きな時でも構いません。

朝食代わりの代用食として

朝食を食べないなら朝食代わりに飲むと良いですね。
最近は朝食抜きという人が増えているので、食事を抜くよりも代用食として飲むと良いでしょう。
基本は1日3食でプラス青汁1杯が理想的です。
ダイエットを成功させるには、毎日続ける事が大事なのです。
どうしても、味が苦手という場合には、豆乳に混ぜて飲んだり、蜂蜜を混ぜて飲むと飲みやすくなります。
牛乳に混ぜる場合は低脂肪牛乳を使うとカロリーを抑える事が出来ます。
腸内で悪玉菌のエサになっている白砂糖は、便秘を引き起こす可能性があるので、なるべくは避けた方が良いでしょう。

青汁ダイエットまとめ

青汁ダイエットは飲んだからといって、食事制限などと違いすぐに目に見える効果は期待出来ません。
けれど、徐々に体重が落ちてきて体も健康的になったと実感する事が出来るはずです。
青汁ダイエットは健康的に痩せるので、リバウンドもしにくく、その上食事制限をしなくても良いので、栄養が不足する心配もないのです。
基礎代謝もキープ出来ますので、痩せやすく太りにくい体をゲットする事が出来るのです。
これから、ダイエットしようと考えているなら、この機会に是非青汁ダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

青汁は体に良いと言われていますが、デメリットがない訳ではありません。
けれど、しっかり理解し飲めば効果・効能を十分に発揮できるので青汁のメリット・デメリットをしっかり理解しましょう。

メリットについて

青汁は沢山のメリットがあるのでメリットをまとめていきます。

  • ビタミンとミネラルを補給する・・・健康を意識している人は青汁を飲んでいます。
  • ビタミン・ミネラル類を十分に補給しなくてはいけません。
    生野菜をそのまま食べるとなると、かなりの量になるので大変です。
    けれど、青汁でしたら1杯で1日に必須とする野菜を摂る事が出来ます。

  • 食物繊維を摂る・・・食物繊維は第六栄養素と言われています。
  • 炭水化物や糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの次に必要となる成分で、食欲を抑えてくれる役目もあるのです。
    言わば、カロリーを摂りすぎない為の予防をしているのです。
    また、腸内に蓄積された脂肪分・老廃物を排出する役目もあり、ダイエット時の免疫力低下を助けてくれる効果もあります。
    腸内環境が整っていると、コレステロール値・血糖値が高い方でも正常化を目指す事が出来るのです。

  • 体内リズムを整える・・・青汁に含まれている食物繊維・ミネラルのお陰で、私達は毎朝排便を快適に行えます。
  • 体内リズムが整っていれば、日々身体的・精神的においても快適に過ごす事が出来ます。
    また、青汁の成分の1つであるメラトニンは眠気を誘発する作用があり、体内時計へ働きかける事で快適な睡眠をとる事ができ、目覚めもすっきりと気持ちよくなります。
    睡眠の質が高まれば、健康的で美しい肌、ストレス解消に効果が高くなります。

デメリットについて

これだけメリットが沢山ある青汁でも、デメリットがあります。

  • シュウ酸の過剰摂取・・・ほうれん草・小松菜はシュウ酸を豊富に含んでいます。
  • シュウ酸はカルシウムと結び付いたら「シュウ酸カルシウム」へと変化し、腸内で合成され排出されていきますが、尿路で合成されると尿路結石を起こす可能性が高くなります。
    それを防ぐ場合には、50度位の低温で下茹でを行いましょう。(50度以上になるとビタミンが破壊されるため)
    シュウ酸は1日600ml以上は摂取しないようにしてください。

  • 高凝血剤の阻害について・・・肝臓病を患っている方で抗凝血剤を服用している方は青汁を飲んではいけません。
  • 青汁に多く含まれるカリウムが高凝血剤の阻害を促進してしまうからです。

青汁のメリットとデメリットのまとめ

青汁は健康に良い成分を豊富に含んでいますし、体内環境を整えたりするには効果の高い飲み物です。
飲みずらいというイメージを持つ人はアレンジで美味しく頂ける方法も沢山あるので、検索してみましょう。
また、肝臓の悪い方や投薬をしているという方の場合には、医師の診断の元で青汁を飲むようにしてください。